危険?フィラリア予防薬と、ノミダニ駆除薬は同時に投与していいのか。

By | 2015年4月30日
LINEで送る

はじめてペットを飼われた方や、はじめて投与をする方は疑問な方も多いはず。フィラリア予防薬とノミダニ予防薬は、同時に投与しても良いのでしょうか?中には1つの薬で、同時に予防駆除できるものもありますよね。お薬の同時投与について説明します。

PK_BLOG.jpg20150429

  • 同時投与はなるべく避けましょう
フィラリア予防とノミダニ予防を別の薬で行う場合、可能なら1日くらいあける事をオススメします。何故かというと、万が一薬で具合が悪くなってしまった場合、同時に投与していると、フィラリア予防薬で副作用が出たのか、ノミダニ予防薬で副作用が出たのか、判断できないからです。

例えば、同時に投与した直後に嘔吐してしまったら、どちらの薬に副作用が出ている原因があるのかが判別しづらいです。
薬との因果関係は不明ですが、実際に、経口のノミダニ予防薬やフィラリア予防薬投与後に、嘔吐してしまった例は報告されています。

ただ、フィラリア予防薬とノミダニ予防薬は、基本的に同時に使ったからといって、それで副作用が出るというわけではないので、あまり心配しなくても大丈夫です。‘念のため’と思っておいてください。
万が一、フィラリア予防薬やノミダニ予防薬使用後に具合が悪くなってしまったら、動物病院に相談しましょう。そうなった場合、同時に投与していない方が、獣医師の診断がやりやすくなるという事です。

8325970438_aed904c166-compressor

  • スポットオンタイプのお薬の注意点
ちなみに、医薬部外品のスポットタイプのノミダニ予防薬で、それを舐めてしまった事で、具合が悪くなった犬猫がいるようです。余談ではありますが、医薬部外品のノミダニ予防薬は、効き目にも疑問がありますので、あまりオススメしません。
ただ、医薬品のスポットタイプのノミダニ予防薬でも、アルコールが含まれているので、舐めた時に吃驚して具合が悪くなる事もあるようです。舐められない場所に投与し、しばらくは舐めないように様子を見ておくのが望ましいです。

 ▼ペットくすりのフィラリア・ノミダニ薬▼

ハートガードプラス  フロントラインプラス

日本と世界に認められてるトップブランド!
チュアブルタイプのフィラリア予防薬!

定番のノミマダニ駆除薬! 
スポットオンタイプで簡単に投与可能!

ペットくすりでは、他にも様々なフィラリア・ノミダニ薬を取り扱っております。

↓人気のフィラリア予防薬をチェックする↓
bnr_filaria-ranking

↓人気のノミマダニ駆除薬をチェックする↓
bnr_flea-tick-ranking

 

Photo by  http://www.flickr.com/photos/31496313@N00/8325970438

Category: ケアについて ノミマダニについて フィラリアについて

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です