ペットの皮膚炎にお悩みの方、ツメダニ皮膚炎の可能性はありませんか?

By | 2015年6月18日
LINEで送る

原因がハッキリしない、ペットの皮膚炎で悩んでいる飼い主さんも多いはず!ストレスやアレルギー、皮膚の疾患は様々な原因がありますが、ツメダニ皮膚炎というものを、ご存知ですか?聞いたことがある方も、知らなかった方もペットが快適に暮らせるよう、是非この機会に知っておいてください。

PK_BLOG.jpg0616

  • ツメダニ症とは

ツメダニ症とよばれる感染症には、イヌツメダニ、ネコツメダニ、ウサギツメダニなどによって引き起こされます。
体の前方についた鋭い鉤爪(フック)を最大の特徴としています。この鉤爪で宿主の皮膚に取りつき、傷をつけて体液やリンパ液を摂取しながら生きていきます。
皮膚表面で永久寄生するので、弱齢動物ほど痒みと皮膚病変が激しく、皮膚をかきむしったり、大量にフケが出たりします。
耳の付け根、股間、お腹、しっぽの付け根に、症状が見られることが多いです。

 14835120557_d87ebf8842-compressor

  • 治療と予防

同居ペットへの寄生や、ヒトへの影響もあるので、疾患のあるペットの治療は早めに行いましょう。ツメダニは人の皮膚の上では繁殖できません。ですから一過性の症状を引き起こしたのち、自然消滅していきます。

殺ダニ治療
硫黄・サリチル酸配合のシャンプー、フィプロニル配合の薬やスプレー、セラメクチンを含んだ薬で治療します。副作用や常備薬との兼ね合いもあるので、必ず獣医師の診察を受け、薬の指示を受けましょう。

予防
ツメダニは宿主がいなくても、10日間ほど生存することができます。部屋の中をこまめに掃除したり、殺虫剤を噴霧するなどして、ダニが繁殖しにくい住空間を作ることも重要です。ペットに影響の出ない薬を選んで使用しましょう。 
また、ノミダニの駆除薬は、寄生されてからではなく、寄生されない為の予防として投与しておきましょう!ノミやダニのアレルギーの予防にもなります。

 

 

▼ペットくすりでは、様々なノミダニ駆除薬を取り扱っております。▼

フロントラインプラス フィプロフォートプラス
frontlinepluss_smalldog_pk__80753_zoom Full page fax print

 フィプロニル配合のノミマダニ駆除薬。 
 ペットが舐めても安心。 

フロントラインプラスのジェネリック。
  ダブルパッケージで液漏れの心配なし。  

ネクスガード レボリューション
NEXGARD_DOGS_4-10__3_TABS_FRONT-pk Revolution_for_kittensPuppies2__89104_zoom

 牛肉風味の食べるタイプのお薬。 
植物由来の成分で、副作用が少なく安心。 

フィラリア予防、ノミダニ駆除が同時に可能
  垂らすだけの、簡単、便利なお薬です。  

ペットくすりへ

Photo by  http://www.flickr.com/photos/74743437@N00/14835120557

参考:http://www.koinuno-heya.com/byouki/kankakuki/skin/tsumedani.html

Category: ノミマダニについて 病気・症状

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です