飼い主さんのケアで快適に!ペットの耳のお薬まとめました!

By | 2015年6月25日
LINEで送る

ペットの病気、怪我は体の様々な部分に起きますが、耳のトラブルも少なくありません。アレルギー、細菌による炎症や、耳ダニなど、犬も猫も気をつけなければいけない大事な部分です。治療薬や、薬用の普段のケア商品について特徴をまとめましたので、参考になさって治療、ケアをしてあげてくださいね。

PK_BLOG

●犬猫、両方にお使いいただける、液体タイプの耳ダニ治療の点耳薬です。
●抗真菌/抗寄生虫/抗菌効果があり、耳道内の洗浄、ダニを殺傷します。
●耳にできた傷からの感染を防いだり、痒みを和らげ、清潔を保ちます。

 

iliumeardrops__26531_zoom

 

 

 

●犬猫、両方にお使いいただける液状タイプの点耳薬です。
●非特異的な外耳炎の治療のために使用される、副腎皮質ステロイド(コルチコステロイド)です。
●犬猫の耳の洗浄や乾燥対策、抗炎症薬としての効果もあります。 

hydrocortisone__24982_zoom

 

 

 

●犬や猫の抗菌、抗真菌、抗炎症剤です。
●犬の外耳炎やアレルギー性皮膚炎、猫のミミヒゼンダニ駆除や中耳炎に使用されます。
●犬や猫のM.Canisによって引き起こされる皮膚真菌症、細菌性皮膚炎、非特異性皮膚炎にも効果があります。

 

triotic__24527_zoom

 

 

 

●犬猫の耳や皮膚の感染症による炎症を抑えます。 
●ミミヒゼンダニが原因の外耳炎にも効果があります。 
海外では非常に定評があり、治療薬としても、日頃の耳のケア用品の中でも人気です。

epiotic237__33597_zoom

 

 

●ペット用に開発されたロングサイズ、安全で丈夫です。
●軟膏を塗る際や、耳掃除など、ペットのケアに最適な便利グッズです。

 

cottonbuds__51814_zoom__84512_zoom

 

 

原因はわからないが、耳を頻繁に掻き毟ってしまうという子も多いようです。痒みや不快を少しでも取り除く為にも、日頃から自宅でできる洗浄などのケアは、飼い主さんで行えるといいですね。

原因がハッキリわかった場合は、お薬をストックしておくと安心ですね。耳垢や汚れは、そこから細菌が発生し、悪化することもあるので、早めに、こまめにケアしてあげましょう。

 

ペットくすりでは、上記の他にも様々な耳のお薬を取り扱っております。
こちらからご確認ください。

ペットくすりへ

Photo by   http://www.flickr.com/photos/65447217

Category: お薬紹介 ケアについて

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です