ペットの関節は大丈夫?誰でも出来ちゃう簡単ケア!

By | 2015年7月18日
LINEで送る

愛犬、愛猫の関節の悩みはありませんか?生まれつきや、運動不足からの肥満など、症状や原因は様々ですが、少しでも軽減、または予防できるように、関節のケアについて必要なことを知っておきたいですね。

PK_BLOG.jpg11111

関節のケアをまとめてみました。皆さんは普段ケア出来ているか、足りないケアは何かなどチェックしてみてください。

  • 体重管理
●肥満は関節に負担がかかります。標準体重を保ちましょう。
●フードは目分量ではなく、はかりでキッチリ計量しましょう。
●手作りご飯はカロリー過多になりがち、しっかりカロリー計算をしましょう。

  • 毎日の運動

●体は小さくても、毎日365日散歩に。筋肉を鍛えることも関節を守るのに大きな役割を果たします。
●週末だけたっぷり運動!はNG。散歩に貯金はありません。毎日の地道な運動が筋肉をつくります。

16102033052_45ede261ca-compressor

  • 環境づくり

室内でペットを飼育する家庭が多く、床はほとんどフローリングということもあるでしょう。衛生的ですが、滑るので関節にはやはり良くありません。滑らない、ずれないようなラグやシートを敷くのが良いでしょう。

  • 最後に!

ペットは体調の悪さを口に出して伝えることができません。また、本能的に動物は体調を悪いことを隠すものです。でないと天敵に狙われてしまうからです。

そこで、飼い主さんが気づいて対処してあげることが大事です。常にペットを観察し、スキンシップを取ることで、早期発見につながります。

関節炎の場合は、歩き方がおかしかったり、そもそも歩いたり散歩を嫌がります。階段や段差でつまづくこともあります。
散歩時の歩き方や走り方、室内でも日常の動きを普段から観察したり、関節を触ったときに痛がらないかなど、コマメに確認してあげましょう。
少しでも違和感や、不自然なことがあれば受診することをおすすめします。

 

リマダイル カロダイル
rimadyl25__09501_zoom carodyl25__11030_zoom

非ステロイドで安心! 
 副作用の少ない消炎鎮痛剤です。   

リマダイルのジェネリック!
  関節炎を緩和してくれます
。  

ペットくすりでは、上記の他にも様々お薬を取り扱っております。こちらからご確認ください。

ペットくすりへ

Photo by   http://www.flickr.com/photos/104558942@N02/16102033052

Category: ケアについて 病気・症状

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です