健康な体作りは正しい食事から。食事のキホン!

By | 2015年8月14日
LINEで送る

健康な犬は食欲も旺盛ですが、病気をしない健康な体を維持するには毎日の食事がとても大切です。今回は飼い主さんに知ってほしい、ワンちゃんの食事についてのキホンのキをまとめてみました。

特徴を知り、目的にあわせて

愛犬の食事がドッグフードだけでは味気ないと思うかもしれません。しかし、犬に必要な栄養を手作り食であたえるのはとても大変。必要な栄養を手作りであげるのはとても大変です。
必要な栄養がきちんと計算されているドッグフードは、犬にとって理想的な食事と言えるのです。フードを選ぶ際は、愛犬の成長・体調・し好にあわせて選択しましょう。

PK_BLOG.jpg123456

フードの種類と特徴

ドライタイプ

水分含有量10%以下。栄養バランスが良く噛みごたえがあるので歯の健康にもベター。

セミモイストタイプ

水分含有量25~35%の半生タイプ。栄養価はドライタイプより落ちまずが、犬のし好性は高め。開封後は以下月程度で使い切りましょう。

ウエットタイプ

水分含有量70%以上。肉、魚、野菜など種類が豊富ですが、価格はやや高め。栄養バランスがよいのは「総合栄養食」と表示されたもの。

おやつの種類と特徴

ガム・ボーン類

噛みごたえがあり、あごの強化、歯垢の予防・除去にも役立つ。デンタルケア目的の製品も増えています。
6212822745_ccc991efc2

クッキー・ビスケット類

野菜やチーズを練りこんだものなど、種類も豊富。犬のし好性は高いが、あげすぎは肥満のもとに。

ジャーキー類

牛、豚、鶏などを乾燥させた加工食品。夏炉エリーを気にするなら、低脂肪、高たんぱくのササミジャーキーを。

チーズ類

手軽にカルシウムがとれて犬のし好性も高いが、高カロリー。歯垢もつきやすいのであたえすぎには注意を。

その他のフード

パピー用

生後間もない犬のための離乳食や、幼年期の仔犬のための高タンパクなフード等があります。

シニア用

余分な死亡をカットし、高齢犬の健康維持をサポートする栄養素ヲバランスよく配合したフードです。

肥満用

肥満気味な犬のための低脂肪不フードです。最近では脂肪燃焼を助ける成分を配合したフードをもあります。

栄養補給食

成長や健康維持のために欠かせない、ビタミンやカルシウムの補給を目的としたフードです。

ワンちゃんのために健康的な食生活を維持したいものですね。

参考画像
www.flickr.com/photos/39042870@N00/6814493519
www.flickr.com/photos/39042870@N00/5896578421

◆ペットくすりでは、会員の皆様にご利用していただける
【ペットのお悩み相談窓口】がございます。是非、ご利用下さい。
(メールでのご相談のみになります。ログインしてからご利用下さい。)

Category: ケアについて

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です