もっと仲良くなりたい!ネコの気持ち研究道場!

By | 2015年8月18日
LINEで送る

気まぐれで自由奔放。気持ちがなかなか読めないニャンコたち。かわいいニャンコと、もっと仲良くなれたらいいのにと思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか?そんなニャンコたちの気持ちがわかるポイントをまとめてみました。

PK_BLOG

無防備におなかを出しているのは?

ネコにとっておなかは急所。それをあらわにしているのは、心をあらわにしている証拠。しかし、おなかを触られるのは嫌がるので、おなか以外の場所(喉などを)なでてあげて。

ネコの気持ちはしっぽでわかる。

犬はうれしいと左右にブンブンと尻尾を振りますが、ネコはうれしいとしっぽが立ちます。ネコがしっぽをブンブン振ったら、それは闘争心の表れです。喜んでくれていると勘違いして近づくと怒られてしまいます。

「耳」は口ほどに物を言う?

耳が後ろを向いたら、それはストレス信号です。目を合わせてくれなくても、耳の動きで気持ちは読み取れます。寝ているところを起こされたりなどの、不愉快なことが起きるとネコは耳が後ろ向きになります。ストレスを与えてしまったと理解し、「ごめんね」の気持ちで接してあげましょう。 19785399998_4975a4efa4

おしりピクピクはご機嫌ナナメ。

遊んでいると急にそっぽを向いてどこかへ。よく見るとおしりがピクピク。これってどういうことなんでしょう?遊びに飽きたか、嫌がることをしてネコの気持ちを損ねたのかもしれません。ネコは気まぐれです。追いかけずにそっとしておきましょう。

鳴き声に耳を傾ければ、ネコと会話できちゃう。

ニャンコたちと会話できたら、どんなに楽しいことでしょう。言葉は話せないけれど、鳴き声で気持ちを伝えてくれています。「ニャア~」や「ミャ~」「クルクル~」「ゴロゴロ」などは、うれしいときです。

舌でペロペロ毛づくろい。

ご飯を食べ終わったときや寝る前などに行います。心を落ち着かせようとするときに行います。

体をこすりつけるのは 挨拶の代わり。

相手に自分の匂いをつけるマーキングのような行動です。自分のにおいをつけて安心するとともに、この人は自分のもの という意思表示でもあります。

普段は、ポーカーフェイスのネコたちも鳴き声やしっぽなどの仕草で、自分の気持ちを伝えてくれているのですね。これを知って、もっとニャンコと仲良くなりたいものですね。

◆ペットくすりでは、会員の皆様にご利用していただける
【ペットのお悩み相談窓口】がございます。是非、ご利用下さい。
(メールでのご相談のみになります。ログインしてからご利用下さい。)

参考画像
www.flickr.com/photos/7630310@N04/19785399998
www.flickr.com/photos/80771743@N08/19977961401

Category: ケアについて

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です