新発見‼︎犬と飼い主の関係はヒトの母子の関係に似ている⁉︎

By | 2015年8月21日
LINEで送る

わんちゃんを我が子のように大切にされている飼い主さんにも多いのではないでしょうか⁉︎
そんな飼い主さんには納得の内容かもしれません。

実は、麻布大などの最近の研究でヒトの母子の関係を深める仕組みと、犬と飼い主の関係を深める仕組みに同じホルモンが関係していることが発見されました。
人と犬は古くから共に過ごしてきた良いパートナーである事はよく知られていましたが、それに関する科学的な研究はほとんどされてこなかったのだそうです!
犬はこんなにも身近な存在なのに不思議なものですね。

というわけで今日のお題はコレです。

PK_BLOG

 

 

母子の絆を深める仕組み

まずは、ヒトの母子の関係を深める仕組みを簡単に説明します。
多くの方が耳にした事があるかもしれませんが、『オキシトシン』というホルモンが母子の関係を深める上で重要な役割を果たしています。

母親は分娩の時にこのオキシトシンが大量に分泌される事で陣痛が促進され赤ちゃんが産まれると共に、このホルモンによってお母さんと赤ちゃんは強い絆で結ばれます。
また、母乳をあげたり沢山スキンシップをとる事でもオキシトシンが母子共に分泌され、愛情はより深いものになっていくと言われています。
もちろん、女性だけでなく男性でもスキンシップによりオキシトシンが増えることが確認されています。

 

犬と飼い主の絆を深める仕組み

犬と飼い主の間にも同じくこのオキシトシンが分泌されている事が確認されました。
30組の犬と飼い主のペアで調査し、飼い主と犬がよく見つめ合うグループとそうでないグループでオキシトシンの変化を調べたところ、飼い主と犬が良く見つめ合うグループの方では飼い主も犬もオキシトシンが増えたということです!!
つまり、見つめあいにより、犬と飼い主の愛情が深まり関係を深めているということが分かりました。

また、犬と共通の祖先種をもつオオカミでも調査したようですが、人間と幼少期から一緒に過ごし密接な関係を築いているオオカミでさえ、犬と飼い主のように視線によるオキシトシンの増加は無かったのだそうです。

 

4118279280_48a990e789

 

オキシトシンは愛情ホルモンとも言われるくらい、人間同士の関係を深める事においてとても大切なホルモンであることが知られています。
犬と見つめあうことでオキシトシンが犬にも飼い主にも分泌されて、お互い幸せになれ、絆が深まるというのは、わんちゃんの飼い主の皆さんにとっては朗報ですね!

 

 

 

ペットくすりでは、ワンちゃんネコちゃんの色々なお薬を取り扱っています。今すぐサイトをチェック⇩

ペットくすりへ

 

参考画像; http://www.flickr.com/photos/15164743@N05/4118279280
                   http://www.flickr.com/photos/127797289@N06/15307496767

参照;http://first.lifesciencedb.jp/archives/10063
   http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG16H94_W5A410C1CR8000/

Category: ケアについて その他

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です