この時期におさらいしたい!秋~冬の犬の過ごし方!

By | 2015年10月27日
LINEで送る

秋は、朝晩涼しくなり、ペットも人も過ごしやすい季節ですね。食べ物もおいしくなり、蚊などのイヤな虫も少なくなってきました。こんな時期だからこそ気をつけなければいけないことがあります。
今回は秋~冬の犬の過ごし方についてまとめてみました。PK_BLOG.jpg123456789

その1、秋冬は必要ない?フィラリアの予防について

 

涼しくなって蚊を見かけないからといって、フィラリアのことを忘れてしまっては、いけません。
フィラリア症の予防薬は「蚊が出なくなってから、さらに1ヶ月後まで続ける」ことが大切です。投薬期間を守らずに投薬を辞めてしまい、犬フィラリア症を持っている蚊に刺されてしまったら大変です。ペットを犬フィラリア症から守るために、投薬期間の最後の月までしっかりと投薬し続けるようにしましょう。

その2、どうしたらいい?ノミ・マダニ予防

 

季節が秋や冬になっても、ノミもマダニも1年中存在します。特にノミは気温が13度あれば繁殖を繰り返すことが可能です。冬とはいえ、暖房の入った暖かい空間はノミやマダニにとっては、快適な空間です。
秋、冬でもしっかりとノミ・マダニ対策を行いましょう。ペットの身の回り、ベッドやタオルなどの洗濯や天日干しなども、面倒がらずに行うことが大切です。

その3、気をつけたい温度差のある日の過ごし方

 

この時期、昼間と夜の温度の差が大きい日もあります。日中、暑いくらいでも夜中に冬のように気温が下がったりする日もあります。
このような温度差は、洋服を着ないペットにとっては、非常にストレスになります。
特に幼犬や老犬は、自分自身で体温調整をすることが苦手なので、なるべく温度差が一定のところで過ごさせるようにしましょう。
寝る場所には、地面や床からの寒さを和らげるために毛布など1枚用意してあげましょう。
2581125182_3266171469

その4、食欲のチェックをしよう!

 

季節の変化のせいで体力が落ちているワンちゃんも多くなります。体力が落ちると抵抗力も落ちて、感染症にかかりやすくなったり皮膚病になりやすかったりします。またペットの皮膚や耳の中を観察して、脱毛や炎症などの症状がないかチェックしましょう。
秋冬になっても食欲が落ちたたままのワンちゃんは、動物病院を受診しましょう。

その5、秋冬にかかりやすい病気とは?

 

寒くなって空気が乾燥するこの時期は、ワンちゃんも人同様に呼吸器系の病気にかかりやすくなります。
寒さに強いイメージの犬ですが、室内犬で特に小型犬の場合は、寒さが苦手です。症状は人と同じように、くしゃみ、鼻汁、咳、発熱、食欲不振などを引き起こします。

その6、ワンちゃんが快適に過ごすために家庭でできる工夫。

 

家庭でできる事は、室内飼いの場合は、寒さ対策として、エアコンやヒーター等、または毛布などを使って温度管理をしてあげる事。外飼いの場合は、犬舎に直接風や雪が入らないように囲いを作ってあげたり、毛布を入れてあげたり、夜間は、玄関等に保護してあげましょう。
寒くもなく暑くもない日は、犬も活発に動き回りたくなります。外でお散歩や運動させましょう。なるべくたくさんお散歩をしたり、いろいろな運動を取り入れて運動不足を解消してあげましょう。お散歩は日光浴にもなりますし、ワンちゃんの健康に欠かせません。

その7、発情期のワンちゃんのケア。

 

秋はペットにとって 発情期でもあります。今年の春に産まれた子は、はじめての発情期を迎えるわけです。子供を産ませる予定のない飼い主さんは不妊手術について動物病院に相談しましょう。

秋冬もワンちゃんと快適に過ごしたいですね!

◆ペットくすりでは、会員の皆様にご利用していただける【ペットのお悩み相談窓口】がございます。是非、ご利用下さい。
(メールでのご相談のみになります。ログインしてからご利用下さい。)

 

参考画像
www.flickr.com/photos/43522553@N00/2581125182
www.flickr.com/photos/18799672@N00/3574899686

 

 

Category: ケアについて

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です