犬猫のノミの原因は何?感染経路を理解してノミ徹底対策!

By | 2017年6月13日
LINEで送る

こんにちは、オクスリラボです!

いよいよ6月に入りそろそろ梅雨の時期。この時期になると、特に気を付けなくてはならないのが…

そう、ノミ対策

この時期は高温多湿になってきてノミが急激に増えてきます。

定期的にノミダニ駆除薬をちゃんと使っていますか?ノミはいろんなところであなたのペットを狙っています。

今回はノミがあなたのペットに忍び寄る、その経路についてしっかり理解しましょう。


はじめに

ノミは、外にほとんど出ないペットにも寄生してしまいます。例えば、蚊が開いたドアや窓の隙間からして室内に入ってくるように。ノミも独自のあらゆる方法で、室内に侵入してきます。

「うちの子は室内で飼っているから」といって、安心してはいけません。室内で飼ているペットにも危険が迫っているのです。

77c0eca91797c2bd9514c45a97e102dd_m

 

動物から

多くの野生動物はノミを寄生させています。残念ながら、野生動物をあなたの庭に全く立ち寄らせないということは、たとえ背の高いフェンスを設けたとしても不可能です。ノミやダニを寄生させたネズミやアライグマなど、野生の小動物はあなたの庭に侵入してきます。

特に野良猫はその代表格です。野生動物はあなたの庭を通り、ノミの卵を落としていき、あなたのワンちゃんや猫ちゃんが外に出た際に、ノミはターゲットを見つけ、あなたのペットにジャンプインします。

その他にもネズミなど、ノミを寄生させた小動物があなたのお家に侵入し、ノミをあなたのお家に連れ込みます。「今まで家でネズミは見たことない」という場合にも、そして彼らがノミの卵をそこらへんに落としていき、その卵からノミが孵化し、彼らが住むお家を探すのです。おそらくあなたのワンちゃんや猫ちゃんがターゲットになってしまうでしょう…。

コーンやナッツ、種などのものを外に放置しないように言われているのは、そういった野生動物をあなたのペットの敷地に寄せ付けないためです。水の入ったボールでさえ措置に放置していると、それらの野生動物が集まってきてしまいます。

 

人間から

ノミは人間、飼い主の皆さん自身が運んでしまうことだってあります。あなたの家にやってくる誰もが、ノミの運び屋となりえてしまいます。気をつけておかなければ、外から持ってきたノミを自分の家、自分のペットのもとへ連れてきてしまうのです。

ノミは暖かいところを好みます。なので、もしあなたがノミの生息している場所を通った際には、ノミはあなたの服や靴にとびかかり、さらに住み心地のいい場所を見つけるまで潜伏します。

多くのノミは動物に寄生しますが、次の住み心地の良い場所がみつからずお腹を空かしてしまった際には、人間に噛みついてしまうこともありまます。

ノミはあなたの服に長いことつかまってあなたがお家に帰りついた際に、飛び降り、次にはあなたのペットにとびかかるのです。

 

家外から

数ブロック先までの短い散歩でも、近くの公園でも、動物病院やグルーマーに出向いた時でも、ペットが外に出たときはいつでも、ノミとダニがあなたのペットを狙っています。

特に緑の多い場所や湖へ行った際は、特に要注意です。ノミ・ダニは隠れ潜むのが得意で、あなたのペットの被毛の奥深くにある皮膚を狙っています。特に首周辺や、お腹、そしてわきの下はよく注意してチェックしてください。

 

ノミによる影響

ノミはかゆみをもたらす他に、ノミの成虫には、ワンちゃんや猫ちゃんのお腹にトラブルを起こすサナダムシが潜んでおり、子犬や子猫の場合、ひどいときには命に関わる症状を招くこともあります。

また、ノミアレルギーにかかってしまうワンちゃん猫ちゃんもいます。深刻なノミアレルギーの場合には、1~2匹のノミでさえ、ひどいかゆみや皮膚のトラブルを起こします。

 

ノミの対策

ノミ・ダニは非常に巧妙にあなたのペットを狙ってきます。特にノミ・ダニのピークシーズン(温暖の季節)には油断のない警戒をすることが必要です。

ノミは一度お家の中に入ってしまうと、非常に駆除することは困難です。ペットをノミから守る最善の策(ノミがすでに室内に侵入してしまった場合)は、定期的にノミ駆除剤を投与することです。もし1~2匹でもペットに引っ付いているのを見つけた際には、その数を増やさぬよう細心の注意を払ってください。

ノミダニ駆除剤には、錠剤タイプ、スポットオンタイプなど様々なタイプがあり、ダニや寄生虫、また犬糸状虫(フィラリア症)を同時に防ぐお薬もあります。

>>ペットくすりのノミダニ駆除比較表を見る

ペットが幼い、または高齢の場合、もしくは何らかの理由で体の弱いペットの場合には、獣医さんを訪れ、適切な診断を受けるようにして下さい。

 

最後に

これからやってくる夏を、あなたのペットが元気で健康に快適に過ごせるように、ノミが寄生しているサインが現われる前に、ノミ・ダニ対策、ケアを行いましょう。

 

▼ペットくすりの、ノミ・ダニ・マダニ駆除薬▼

 フロントラインプラス フィプロフォートプラス

ノミマダニ駆除剤の
定番ブランド品!
動物病院でも使われる
メリアルのブランド品で安心。
皮膚につける
スポットオンタイプのお薬

フロントラインプラスの
ジェネリック医薬品!
ノミ・ダニ・マダニを
しっかり予防!
皮膚につける
スポットオンタイプのお薬

その他のノミダニ駆除剤を見る⇒ペットくすりのノミダニ駆除剤ランキング

 

参考サイト:http://princetonvet.net/can-my-indoor-pet-get-fleas/,http://www.petmd.com/dog/parasites/evr_dg_how_did_my_dog_get_fleas_and-or_ticks
参照画像:https://www.photo-ac.com/main/detail/283934?title=かゆい~&selected_size=m,http://www.flickr.com/photos/34773015@N07/15374552526

Category: ノミマダニについて

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です