24歳の世界最高齢ネコ。好物はジャンクフード?!

By | 2014年5月28日
LINEで送る

猫や犬を暮している飼い主さんたちの悩みの1つが、彼らの命のこと。家族の一員として一緒に生活するうちに、ずっと一緒にはいられないことに気づく瞬間があります。でも、ナーバスにならないで!世界には、ご長寿な動物がいるんですよ!

 

はい、これお土産。
うちのばぁちゃんが作ったぼた餅ですわ。

 

 


ほほぉ、これはありがたい。おばあ様はおいくつじゃ?

 

 


ばぁちゃんは、大正生まれ。ええっ、もうすぐ90歳?!

 


90歳とはご長寿じゃのぉ。お元気そうで何より。

 
ミーナス家のおばあちゃんは大正生まれとのことですが、ご長寿ですね。日本は男女ともに世界長寿国として有名ですが、人間だけでなくご長寿な動物たちがいること、知っていましたか?

 

話題のご長寿な動物たち、いったい何歳?

猫や犬たちと過ごす中で、「この子たちと後何年一緒にいることができるだろう」としんみりした経験、ありませんか?一般社団法人ペットフード協会の平成25年度全国犬・猫飼育実態調査によると、犬の平均寿命は約14歳、猫は15歳。人間の何分の1かと思うと、やっぱり胸にグッとくるものがありますね。 

そんな中、平均寿命以上に元気に生きている動物たちは実はたくさんいるのをご存知でしたか?つい先日、38年間の寿命を全うし5月23日に永眠したと話題になったのが、世界最高齢のラクダ「ツガルさん」。ラクダの38歳というと、人間でいう120歳くらいだということです。

他にも100年以上の寿命を持つゾウガメや、70歳を越えたゾウなど、長寿な動物たちがいるんです。
 

ギネス認定!世界最高齢のニャンコをご紹介

そしてもう一つ。世界でご長寿猫のことが話題になっています。

okusuri-labo

ケーキに立てられている数字のように、このニャンコの年齢は24歳。生きている猫の中で最高齢です。彼女の名前はポピーさん。イギリス在住のメス猫です。24歳というと、人間でいう114歳。いかに高齢かということが想像できるのではないでしょうか。既に、目も見えず耳も聞こえないそうです。

 

話題の猫はイギリスの気品あふれる老婦人

ポピーさんは、飼い主であるウエスト夫妻と彼らの2人の息子、ネコ4匹とウサギとハムスターの大家族の一員です。24歳である彼女はもちろん、一家のドン。一番偉いんです。だから、他の猫たちが彼女のご飯を横取りしようとすると、毅然とした態度で「NO」を突きつけます。そして、横取りをたくらんだ犯人の耳を噛むそうです。年をとっても衰えを感じさせない気の強さには、英国老婦人の気品を感じますね。

 

好物はケバブにフライドチキンなどのジャンクフード!

そんなポピーさん、老婦人でありながら好きな食べ物は、フィッシュアンドチップス、ケバブ、ケンタッキーフライドチキンなどのジャンクフードだというから驚きです。もちろん、これらは少しだけたしなむ程度。日々の食事に気を遣い、適度な運動は欠かさないそうです。

ストイックになりすぎず、好きな食べ物を適量だけ美味しく食べる、そしてアイデンティティを失うことなく若者たちとやり合うことが、長生きの秘訣でしょうか。

 

大切なペットたちと1日でも長く過ごすために

室内犬や猫が増え、多くのペットたちの寿命が伸びています。今、生きている猫の最高齢として認定されたポピーさんですが、歴史上最高齢の猫としてギネス認定されているのが38歳で亡くなったクリームパフ。世界には本当にご長寿な動物たちがいるんです。彼らとの時間を少しでも多く持つために、日ごろからの健康管理にはしっかりと気を付けてあげたいですね。

 

参考記事:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140524/k10014697491000.html
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2632618/Poppy-worlds-oldest-cat-24-thats-114-human-years-partial-odd-kebab.html

Photo by. 
David Hedges photographer
http://www.flickr.com/photos/polarity/4738045757/

 ペットくすりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です