待望のネクスガードスペクトラ、ついに通販始めました!

By | 2017年7月11日
LINEで送る

こんにちは、オクスリラボです。

今回は、先日入荷した新商品、『ネクスガードスペクトラ』のご紹介です!

PK_BLOG-20170105

この商品、以前からかなりたくさんのリクエストを頂いておりました。

ついに、

ついに、

ついに「ペットくすり」に登場です!

なんといってもその人気の理由は、フィラリア、ノミダニ、寄生虫の対策が、1錠でできちゃうところ!

例えば、ノミダニ駆除薬で人気の『ネクスガード』。ネクスガードにはアフォキソレイナーという成分が配合されており、ノミ・マダニの駆除効果を発揮します。しかしネクスガードだけではフィラリア予防はできないため、フィラリア予防のためには、ほかのお薬を併用しなければなりません。

併用となると、別々に対策をしないといけなかったり、複数のお薬を投与していると、投薬日をずらすなどしてワンちゃんへの負担の軽減を考慮したりなど、色々面倒な場面が多いです。

もちろん出費がかさんでしまうのもネックですよね…。

 

ですが、このオールインワンの『ネクスガードスペクトラ』を利用すれば’、他のお薬を併用する手間と費用に関するお悩みとおさらばです!

ネクスガードスペクトラには、フィラリア予防と体内寄生虫の駆除に有効な『ミルベマイシンオキシム』という成分と、ノミ・マダニに効果を発揮する『アフォキソラネル』が配合されています。

形状はチュアブルタイプで、フレーバーはお肉味。わんちゃんが喜ぶポイントもしっかり押さえられています。

トータルで見ても、そう、かなり優秀なんです、このネクスガードスペクトラ。

 

ではコスト面ではどうなのか。

フィラリア予防、ノミダニ、体内寄生虫を別々で対策する場合にかかる費用を、ネクスガードスペクトラと比べてみました。↓

  小型犬 中型犬 大型犬
(A)フィラリア薬 ¥3,300~ ¥4,100~ ¥4,600~
(B)ノミダニ薬 ¥6,400~ ¥6,900 ¥7,200~
(C)寄生虫薬 ¥1,900~ ¥1,900~ ¥1,900~
(A)+(B)+(C) ¥11,600~ ¥12,900~ ¥13,700~
ネクスガード
スペクトラ
¥5,400~ ¥5,900~ ¥6,500~

※ペットくすり販売価格参考
(A) フィラリア予防薬 ハートガードプラス(カルドメック)

(B)ノミダニ駆除薬 ネクスガード
(C)寄生虫駆除薬 キウォフプラス

 

なんと、3種類のお薬を併用する場合とくらべると、その半額程度で対策ができてしまいます。手間も省け、節約もできる!一石二鳥なわけですね!

 

では続いて、こちらは動物病院の料金との比較。

ネクスガードスペクトラは、動物病院でも処方されているお薬です。ただ、お察しの方も多いのではないかと思いますが、動物病院で処方されるものは結構値がはります。

ですが、ペットくすりであれば病院価格より遥かに安い価格で購入が可能なんです。

(※ペットくすりでは、100%正規品取り扱いを保証しており、お客様にお送りする商品は、すべて認可を受けた医薬品販売業者だけから医薬品を仕入れています。)

 

  動物病院
1箱(3錠)
ペットくすり
1箱(3錠)
3か月の
差額
超小型犬用
2~3.5kg未満

¥6,900

¥5,100~

¥1,800

小型犬用
3.5~7.5kg未満

¥8,400

¥5,400~

¥3,000

中型犬用
7.5~15kg未満

¥10,200

¥5,900~

¥4,300

大型犬用
15~30kg未満

¥11,700

¥6,500~

¥5,200

超大型犬用
30~60kg未満

¥13,800

¥7,000~

¥6,800

※動物病院価格は参考価格です。

ペットくすりで購入すれば、なんと最大で50%ほどお安くご購入頂けます!

定期的に対策をしなくてはならない、フィラリア、ノミダニ、体内寄生虫駆除。長く付き添っていく愛犬・愛猫の健康のために、要らない手間&費用が省け、飼い主のみなさまにとってもストレスフリーなお薬はいかがでしょうか。

この機会に検討されてみて下さい☆

ネクスガードスペクトラをチェックする >>

※ネクスガードスペクトラは、必ず血液検査にてフィラリア感染の無いことを確認した上で与えてください。フィラリアに感染したペットに投与すると、ショックを起こしたり死亡する事があります。

※本剤は獣医師等の処方せん・指示により使用してください。

※その他、使用上の注意や副作用をご確認の上、ご購入いただきますようお願いいたします。

Category: お薬紹介

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です