熱中症に気を付けて!!犬や猫も対策が必要です。

By | 2015年7月16日
LINEで送る

最近は気温も高くなり熱中症が心配な時期に入ってきました。

人間と同じように犬や猫も熱中症になりますので、皆様のペットも十分な対策が必要です。

そこで、今日は犬や猫の熱中症についてお話したいと思います。

 

PK_BLOG.jpg20150714

 

 

犬や猫も熱中症にかかる!?

犬や猫も人間と同じように熱中症にかかります。

人間の熱中症対策はニュース等でも取り上げられ認知が広まってきたように思いますが、意外とペットの熱中症対策は忘れがちですので飼い主の皆さんは十分注意をしてあげてください。

犬や猫は人間と違い、全身で汗をかいて体温調節をすることができないため、熱中症には特に注意が必要です。

屋外や部屋の中でも熱中症は起こりますが、夏場の車内での熱中症が一番多い事例です。ペットを後部座席や荷台に乗せると、クーラーをつけていても意外と熱がこもっていたり、短時間だけと飼い主さんがペットを車に残してしまうとあっという間に気温が高くなることがありますので注意が必要です。

 

 

熱中症にかかりやすい犬・猫の特徴

熱中症はすべての犬・猫に起こり得る症状ですが、その中でも熱中症にかかりやすい犬・猫には特徴があります。

下記に当てはまるペットを飼っている皆様は特に注意してあげてください。

・毛の長い犬種・猫種

・短い口、つぶれた鼻が特徴の犬・猫

・体の大きい種類・肥満の犬・猫

・高齢の犬猫

・犬猫の赤ちゃん

 5171900371_0fb1fbbed2

 

ペットの熱中症の予防策

 ・日蔭で風通しのいい場所を確保する

・1日中新鮮な水が途切れないようにする

・散歩は朝や夕方の涼しい時間にし、散歩の際もお水を携帯する

・車に乗せる際には温度に気をつけ、短い時間でも車の中に置き去りにしない

・犬猫用のクールマット等を利用する

・犬は特に暑い日に運動をさせすぎないようにする

・猫は高いところが好きだが、高いところは熱がたまりやすい場所でもあるので特に夏場は行けないように工夫する 

 

 

皆様の大切なわんちゃん、猫ちゃんのために、十分な熱中症対策をして暑い夏を乗り切りましょう!!また、熱中症が疑われた際は、症状により対応も様々ですのでまず動物病院にご相談ください。

 

 

 

 

参考記事

http://www.petsadviser.com/pet-health/danger-heat-stroke-pets/
http://www.peteducation.com/article.cfm?c=2+1677&aid=1683
http://www.peteducation.com/article.cfm?c=1+1411&aid=1568
http://www.vets-now.com/pet-owners/dog-care-advice/heatstroke-dogs/

 

 
参考画像
http://www.flickr.com/photos/78317199@N00/3011829502
http://www.flickr.com/photos/40180407@N02/5171900371
 
 

ペットくすりでは、様々なフィラリア予防薬、ノミダニ駆除薬、体内寄生虫駆除薬を取り扱っております。

ペットくすりへ

 

Category: その他 病気・症状

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です