ペットにノミダニを見つけたら飼い主がするべきこと。

By | 2015年3月26日
LINEで送る

ペットの身体にノミダニを見つけたとき。。。ショックであわててつぶしたくなる飼い主さんも多いのではないでしょうか。今回は、犬猫の体にノミダニを見つけたときの留意点をまとめてみました。
PK_BLOG

ついついつぶしたくなるノミ。

犬や猫の体にノミがついているのを見つけた時、やってはいけないのは、プチッと指や爪でつぶすことです。ついついつぶしたくなるかもしれませんが、そうするとノミのお腹の中にある卵をばら撒くことになる場合があります。かえってノミを拡散させてしまいますので、絶対にやめましょう。

ついてしまったノミの対処の仕方は?

ノミ取りぐしを使えば、ノミは引っかかってきます。そうして、捕ったノミは、つぶすなら、セロハンテープで挟み込み、密閉してからつぶしてください。そうすれば、卵は飛び散りません。もしくは薄めた台所用洗剤の中に浸ければ、ノミは死にます。ですが、ノミ取りぐしだけでは、すべてのノミは取りきれません。

12788481_0002ea3f38

ダニを見つけたときには。

ダニも同じです。草むら等にいるマダニは、特に犬に寄生し、様々な病気を媒介します。血を吸う前のダニを見つけたら、ノミと同じようにセロハンテープで挟み込んでつぶすか、薄めた台所用洗剤の中に浸けて下さい。もし、皮膚にしっかりついた状態で、血を吸っているダニを見つけたら、無理に引きはがしてはいけません。

ダニを捕るときの注意点とは?

ペットの皮膚についたダニを引き剥がすときに、無理に引き剥がさないようにしましょう。ダニの顎だけが皮膚に残り、それが元で炎症等を引き起こす事があるからです。ダニを顎から捕る方法はいくつかありますが、出来る事なら、動物病院で捕ってもらうのが、一番安全でしょう。
大切なペットの身体にノミダニを見つけたら、犬猫の体の駆虫を行いましょう。

 参考画像
www.flickr.com/photos/95721592@N00/14093070285
www.flickr.com/photos/51859583@N05/9008986889

かわいいペットのノミ・ダニのケアに。

フィプロフォートプラス レボリューション
product_fiprofort.jpg product_revolution.jpg

1ヶ月1度、肩甲骨の間に投与するだけでノミを予防でき、
マダニもほぼ100%で予防が可能です。
スポットオンタイプで楽々と投与できて、
入浴や泳いだ後も効果は続きます。 

猫飼いさんに一番人気!
一本でフィラリア予防とノミダニ駆除の両方ができます。 

ペットくすりでは、上記の他にも様々なフィラリア予防薬、ノミダニ駆除薬、体内寄生虫駆除薬を取り扱っております。

ペットくすりへ

Category: ノミマダニについて

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です