【お悩み解決】お薬が苦手なペットに投与するには?

By | 2015年8月6日
LINEで送る

お薬の苦手なペットは多いかと思います。でも命に関わるような場合、どうしても飲ませたいですよね。少しの工夫や獣医さんおススメの方法をご紹介します!

PK_BLOG.jpg201508
経口薬が苦手なペットはたくさんいます。特に錠剤をそのまま与えられるペットは少ないです。なぜならば薬の種類によっては固かったり、大きかったり、苦みが強いものがあるからです。今まで大丈夫でも苦みがあるものなどを一度食べてしまうと薬を嫌がるペットも多いです。投薬をしなければ一番いいですが、病気によっては投薬(経口薬)が必要になってしまいます。そういったペット達に投薬をしなければいけない飼い主さんにとって、投薬しなければいけないのが一番のストレスだと思いますし、ペットもどんどんストレスがたまっていきます。

  • お薬のタイプを検討しよう!
ワンちゃんを例にあげれば、毎月予防しなければいけない物としてフィラリア薬があります。錠剤が苦手なワンちゃんもいると思いますが、今のフィラリア薬は色々な投与方法が確立しており、おやつ感覚であげれるお肉タイプ、ノミダニの予防薬のように皮膚にたらすタイプ、または注射タイプもありますのでもし錠剤でお困りのようなら違うタイプに変えてみるのもよいでしょう。

4217497685_c99523a6bf_mini

  • お薬の形状を変えてあげよう!

錠剤のままあげるのは難しいことが多いです。そのような仔であれば、すり鉢などを使い粉状にしてみたり、大きい錠剤であれば細かくきり、フード(缶詰などの臭いが強くごまかせるもの)に混ぜたりしてみてはどうでしょうか?食欲旺盛な仔であれば効果的だとおもいます。

ペットショップ、動物病院などに錠剤を粉砕する専用の機械や、錠剤用のはさみなどもあるので相談してみると良いでしょう。また動物病院によっては粉にしてくれるところもありますので聞いてみたらいいでしょう。

しかし薬をあげないといけない仔の多数は食欲のない仔が多いです。そのような仔であれば、粉状の薬を水、もしくは液状のご飯に混ぜてスポイトなどで少しずつ与えていくのも一つの方法です。薬の種類によっては粉や分割できない、水に溶けない薬もあるため気をつけてください。

また、錠剤をそのまま丸めて投与できるオヤツみたいなもの(人間の赤ちゃん用の投薬用のゼリーみたいなもの、粘土のように錠剤をくるんで隠せるようにしたものなど)もあるので、担当の先生にまず出されている薬が錠剤しか出すことが難しいか、分割、粉砕可能かを相談してみるといいでしょう。与える手段として上記のようなオヤツみたいなものと一緒に与えていいか確認してください。

すぐに実践できることばかりなので、経口薬に投与に悩んでいる方は、是非試してみてください。

 

▼ペットくすりでは、様々なお薬を取り扱っております。▼

ペットくすりへ

photo by  http://www.flickr.com/photos/7780925@N04/7687092566   http://www.flickr.com/photos/45665234@N00/4217497685

Category: その他

About わんだほー先生

ペットくすりの公式キャラクターがお送りする、犬や猫のお薬や病気・健康維持についてのブログです。 ブログの内容は、獣医さんの監修ですが、同じ病気でも症状や個体差等により対応が異なることもあります。大切なペットのことですので、お薬の投与や症状に関しては、必ず実際に診察を行い獣医師の判断に従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です