顔に穴が開く!?犬猫の歯周病の恐ろしさ!

By | 2014年9月8日
LINEで送る

歯周病の原因とは?

歯周病は大人のワンちゃんネコちゃんに、多く見られる病気です。
食物のカスが歯に付いて、それが歯垢となり、歯垢が石灰沈着して歯石となります。
歯石は歯磨きではとれません。動物病院で全身麻酔をかけてとる事になります。

歯肉の炎症(歯肉炎)と、それがさらに進行し、歯の周りの組織が破壊された状態(歯周炎)の事を合わせて「歯周病」と呼びます。

 medium_1965237151-compressor

 

歯周病の進行と症状

  • 初 期

口の中の粗悪な状態、歯周病を放置しておくと、歯肉は化膿し、激しい痛みを伴い、当然食欲はなくなります。

 

  • 中 期

歯周病が進行すると、歯の周囲の骨まで溶かしていきます。こうなると、ちょっと固いものを食べただけで簡単に顎の骨が折れます。

 

  • 末 期

口の中から顔の表面に向かって穴が開きます。「顔を怪我したようです」と言って、動物病院に連れて来られるペットの多くが、実際には顔の怪我ではなく、進行した歯周病なのです。

※穴が開くのは、顔の表面だけではありません。上顎に穴が開き、口の中と鼻の穴の中が繋がってしまう事もあります。この場合でも、飼い主さんは歯周病だと気付かず、「クシャミがひどくて、鼻水や鼻血が出ます」と言って、鼻の病気だと思って動物病院に連れて来られる事が多くあります。

 

上記のような症状で病院を訪れた場合、獣医師は必ず口の中をチェックするでしょう。
そこで初めて、歯周病の進行したものであると気付く事が多いのです。
歯周病で穴が開いてしまえば、自然に塞がる事はありません。
当然、手術が必要になります!!

ところが、歯周病になると、口の中の細菌が血流に乗って移動し、歯周病は心臓や肝臓、腎臓などの臓器に影響を与える事が多いのです。これらの臓器に異常があると、全身麻酔は命がけのものとなってしまいます。

 

====最後に====
歯周病は多くのワンちゃんネコちゃんがかかる病気ですが、甘く見ると大きな病気や手術に繋がってしまいます。
日常的なデンタルケアで十分に防ぐ事ができますので、飼い主さんがしっかり行いましょう!

 

ペットくすりでは、犬猫の歯磨きにの仕方について詳しく解説しています。
こちらの記事もオススメです↓↓
歯が命!愛犬と愛猫の正しい歯磨き

 

 デンタルフレッシュ
犬用503ml
デンタルフラッシュ
犬猫用

飲み水にまぜるだけ。
歯垢、歯石、臭いを防止。
ペットが水を飲むと同時に
口腔内を洗浄します。

口臭が気になるペットに。
歯ブラシと併用して
お口スッキリ。
1日1回投与するだけ!

その他のデンタルケア商品をチェック⇒こちらをクリック

ペットくすりへ

参考 :「獣医歯科学と口腔外科」 LLL.Seminer(2002)
http://www.eepet.com/dogs/sisyuubyou.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/44002/2/
photo by https://www.flickr.com/photos/ktylerconk/1965237151/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です